◆ 会社、法人にするメリットは何ですか?

 

メリットは:

一番大きなメリットは信用だと思います。例えば個人事業の、○○商会が真実の存在して誰が代表者かを調べる方法が難しいのです。個人情報保護法により個人事業者の住民票も取得できません。ところが、法人の場合は誰でもが登記簿謄本を取得し誰が責任者かもはっきりします。さらに、従業員を採用する時も法人の方が人材を確保しやすくなるでしょう。

二つ目に、 我が国は法人王国ですから法人の実質的優遇政策があります。例えば税制もその一つです。法人にすると原則として節税対策になります。

三つ目として、万が一不幸にして事業が失敗した時に有限責任ですから出資した資本金が戻らないだけで個人の責任は原則としてありません。(軽減されます。)

四つ目として、歴史が残ります。個人事業の場合は、創業50年と言っても具体的に証明する方法が簡単ではありません。穂ぷ人の場合は登記簿謄本を取れば設立年月日が明記されていますから創業が明らかです。役員の人事も歴史に登記簿謄本に明記され残ります。

デメリットは:

一つ目は、管理費等の費用が増加します。通常は税理士等に依頼して税務申告書を作成してもらいます。個人事業の意場合は確定申告を自分ですることが可能でしょう。

二つ目は、事務手続きが煩雑になります。外部に委託できる部分は良いのですが自ら帳票等を整備し管理しなければならなくなります。小規模企業の個人事業の意時よりは必要書類も増えます。

結論:

メリットとデメリットを考えても、やはりビジネスを趣味ではな事業として行うのであれば法人にすべきと考えます。