◆ 会社の種類がありますがどれにすれば良いのでしょうか!

 

法人は合資会社、合名会社、株式会社、合同会社があります。一般的には株式会社か合同会社を設立します。合資会社、合名会社無限責任社員が必要ですので余り利用されていません。無現責任社員とは、倒産とうの万が一の時に個人が無制限に責任を負うことです。それに比べ、株式会社と合同会社は有限責任社員のみで会社設立が行え、無限責任社員は存在しません。合同会社と株式会社の相違は一般的には大きさの相違です。株式会社の方が一般的には大きいのです。また、日用の面では株仕置き株式会社の実費は20万円から25万円位かかりますが、合同会社は6万円位で済みます。(設立手数料は別)

株式会社も合同会社も法的には原則として同じです。小規模企業も合同会社の設立より株式会社の設立が多いようです。