◆ 会社設立で一番注意をしなければならないことは何ですか?

 

商号の調査です。

多くは、商号の調査が不十分なまま設立する場合が多いようです。設立手数料が無料や数千円の事務所は「商号は本店(住所)が異なれば同一でも設立できます。」と説明します。しかし、設立後に商号使用差止請求訴訟を起こされることがあります。既に設立されている他社の商号は使用しないことが大切です。しかし、商号を完璧に調査をすることは実質的には不可能です。その為には調査をした証拠を残す必要があります。不正競争の目的が無かったことの証拠です。・・・・・